税理士の皆様へ

税理士の皆様へ

税理士の先生が生命保険を提案したら


税理士の提案

景気低迷による顧問先企業の経営悪化や自計化促進、あるいは他業種からの記帳業務への参入による顧問料収入の減少など、会計業務を取り巻く環境は年々厳しさ増しているものと思われます。
顧問先企業に対するサービスの強化をするために、ご提案出来るコンサルティングプランを用意しております。

逆養老保険仮払金の処理




良い税理士・ダメな税理士

良い税理士は、やはり顧客と同じ視点から経営などを見ることができる人のようです。まるで自分が経営している要に心配して考えて良い案を出してくれると言った所でしょうか、そういった考えをする事で、仕事を頼む側からしても、安心感や信頼感が出てきます。またこの同じ視点から見るという事だけでは無く、第三者の視点からも経営に対してや税金等の事についてアドバイスなどができるかと言った事も大切になってくる事では無いでしょうか。会社の経営者と同じ視点で色々なモノを見れるのは、その人の立場で考えられると言うことだと思うので良いことだとは思いますが、時には、違う視点からの意見も無くてはなりません。全て同じ視点からモノを見ていると、そこには必ず死角が生まれます。今までの視点からではなく違う角度からの意見も言えると言うのが、会社の一員ではない税理士という立場ならではのポイントだと言えるのではないかと思うのです。

ダメな税理士と言うよりも、やはり約束を守らなかったり、親身になって色々と考えてくれなかったり、アイディアも全然無くアドバイスも無いと言うような税理士ではいけないと言う感じでしょうか。長いつき合いになりそうな気がしませんからね。こういった事も頭に入れておけば、お客さんからダメな税理士と言われないようになるかもしれませんね。

a:1524 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional