適格企業年金

適格企業年金

画像の説明画像の説明

画像の説明

2012年3月までに移行しなければならない

積立不足問題

適格企業年金には積立不足が生じても・・・・・

画像の説明
  • 積立不足を解消する義務がないと思っていた
  • 掛金の再計算が5年に一度なので見直す会社はなかった
  • 運用利回りは、当初5.5%を見込んでいたが現在は1%前後しかない
  • 事務手数料(付加保険料)を引かれるとマイナスの可能性がある

多くの中小企業で深刻な積立不足が生じています
例えば、適格企業年金が創設された当時、40年で1000万円積み立てるのに、利率が5.5%で毎月6000円の掛金ですんだものが、現在の利率1%では毎月1万7000円の掛金が必要になります。
 

自社に退職金制度がある以上、お金がないから退職金は払えませんではすみません。もし払えなかったら退職金倒産の可能性もありえます。
そのようになる前に自社の退職金制度を見直すべきではないでしょうか。



お問合せ







a:1319 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional